Uncategorized

DMM TVの評価やデメリットまとめ

DMM TVは17万作品以上の動画が視聴できる、アニメやエンタメ系動画が見放題のビデオオンデマンドです。

DMM TVが気になっている方や、これから会員登録するか検討中の方に向けて、評価やデメリットなどをまとめました。

動画数17万作品以上
月額料金550円(税込み)
追加課金課金作品あり
無料お試し期間初回30日無料お試しあり
ダウンロード可能
字幕や吹替有り
同時視聴最大4台まで可能
最高画質4K,UHD
5段階評価
公式サイトURLhttps://tv.dmm.com/vod/

DMM TVの評価

DMM TVは2022年12月にサービス開始したビデオオンデマンドなので、まだ開始して間もないVODです。

DMM TVの特徴としてはアニメが5400作品見放題という点です。同じアニメ見放題のVODにはdアニメストアがありますが、アニメの作品数は同じ位で、月額料金は同じです。

DMM TVはアニメの他にエンタメ系の動画が非常に多く、日本国内のドラマや映画は作品数が少ないです。また全ての動画が見放題というわけではなく、中には追加課金しないと視聴できない動画があります。

DMM TVは月額550円と低価格ではありますが、huluやU-NEXTのように映画やドラマをがっつり見れるわけではないことに注意が必要です。

DMM TVはアニメが好きな方に最適なビデオオンデマンドという評価になります。

DMM TVには初回無料お試しが30日用意されているため、まずはお金をかけずにお試ししてみましょう。

DMM TVの悪い評価

見放題は旧作のみ

DMM TVでは配信されている動画の大半が旧作に限られており、最新の作品は含まれていません。これは、多くの視聴者が新作を求めているにも関わらず、すでに見た古い作品を再び目にすることを意味します。特に新作に重点を置きたい方には、これらのプラットフォームは物足りないかもしれません。

しかし、月額見放題サービスで最新作を提供するのは珍しいことです。これは、新作動画の配信コストが高いため、主に旧作に焦点を当てることが一般的です。新作ばかりを提供すると、運営側が赤字に陥る可能性があります。

また、新作が配信されている場合でも、追加料金を支払う必要があることが多いです。たとえば、U-NEXTのようなプラットフォームでは、新作映画を視聴するためにはレンタル料を払う必要があります。

月額見放題サービスが主に旧作を提供するのは、業界全体での一般的な傾向です。新しい作品を探求する視聴者には、これが限界であり、現在のサブスクリプションモデルの制約となっています。

映画やドラマのラインナップが微妙

DMM TVはアニメが充実したラインナップですが、アニメ以外のジャンルが乏しいです。

具体的には映画やドラマなどの作品が微妙といわざるを得ません。

アニメ以外にはエンタメ系もありますが、DMM TVはアニメが主力のビデオオンデマンドです。

そのため映画やドラマなどを中心に視聴したい方には不向きといえます。

解約した時点で見れなくなる

DMM TVは解約した時点で動画が視聴できなくなります。

例え残り会員日数が29日あったとしても、解約した時点で動画は見れなくなります。

そのため解約するタイミングに注意する必要があります。かといってギリギリだと解約し忘れてまた1か月自動更新となりかねません。計画的に利用しましょう。

DMM TVの良い評価

視聴できるデバイスが豊富

DMMTVとさまざまなデバイスで視聴可能な利便性を提供しています。これには以下のような幅広いデバイスが含まれます。

  • スマートフォンおよびタブレット(iOSおよびAndroid対応)
  • Amazon Fire TV
  • DMMTVアプリに対応したテレビ
  • PlayStation®4/PlayStation®5

特に注目すべきは、DMMTVアプリに対応しているテレビの種類です。これには「アクオス」、「レグザ」、「Hisense」、「ピエラ」といった4つの異なるブランドが含まれています。

また、ゲーム機にも対応しており、PlayStation®4やPlayStation®5を使用してDMMTVアプリでの再生が可能です。このような多様なデバイス対応により、ユーザーは自分の好きな方法でコンテンツを楽しむことができます。

動画はダウンロードしてから視聴可能

DMM TVは25本まで動画をダウンロードしてから視聴することができます。

25本を超えるとダウンロードできませんが、25本もダウンロードできれば十分使えます。

Wifi環境があれば事前に動画をダウンロードしておき、オフラインでの視聴ができます。

外出先はもちろん、夜の込み合う時間帯などスムーズに動画を見ることが可能です。

DMM TVは最大4台まで同時視聴できる

DMM TVは最大4台まで同時視聴をすることができます。同時視聴とは異なるデバイスでDMM TVにログインして、それぞれ同じ動画や違う動画を視聴できることです。

例えば家族4人でDMM TVを利用する場合、それぞれお持ちのスマホやパソコン、タブレットで動画が視聴できます。

同時視聴できるビデオオンデマンドはDMM TV以外には、U-NEXTやNetflixがあります。

もし一つのプロフィールで視聴しようとすると、「他の端末で再生中です。同時視聴はできません」というメッセージが表示されることがあります。これを解決するために、複数のプロフィールを作成すると、以下のような便利な管理機能を利用できます。

  • 各プロフィールごとにお気に入りリストや視聴履歴を個別に管理。
  • 視聴履歴に基づいたおすすめ作品の提案。
  • プレイヤー設定の個別保存。
  • プロフィールごとのセキュリティコード設定。
  • 年齢に基づく視聴制限の設定。

このようにプロフィールを分けることで、家族が同じアカウントを共有していても、個々の視聴習慣や好みに応じた管理が可能になります。また、セキュリティコードの設定により、プライバシーを保護することができます。さらに、子供への年齢制限機能により、不適切なコンテンツの視聴を防ぐことも可能です。

初回30日無料お試しが利用できる

DMM TVは新規ユーザーに対して初めの30日間の無料トライアルを提供しています。月額料金は550円と設定されていますが、この初回30日間の無料体験は非常に魅力的な特典です。

無料トライアル期間中にサービスを解約することを選べば、料金は発生しません。つまり、サービスを試してみて自分に合わないと感じた場合、中途解約することで料金を支払う必要がなくなります。この柔軟性は、ユーザーがサービスを安心して試すことを可能にします。

DMM TVは初回30日無料に加えて、2か月間DMMポイントが550PT貰えるのも魅力です。

DMM TVとDMMプレミアムの関係性

DMM TVとDMMプレミアムは名前が似ていますが、内容も同じです。つまりDMM TVに会員登録するには、DMMプレミアムに登録する必要があります。

DMM TVに会員登録する手続きをすると、DMMプレミアムの登録ページに移動しますが、混乱しないように気を付けてください。DMM TVに登録する時はDMMプレミアムに登録する必要があるからです。

わざわざ名称を変えなくても統一すればいいような気もしますが、現状ではDMM TVとDMMプレミアムは同じものです。

厳密にいうとDMMプレミアムに登録すると、DMM TVの対象作品が見放題という事ですが、ややこしいので同じものだと考えたほうが分かりやすいです。

しかしDMMプレミアムに会員登録してDMM TVの作品を視聴しても、月額料金は550円(税込み)だけです。月額料金が2倍になったりはしないので安心してください。

DMM TVに会員登録する流れ

DMM TVに会員登録する流れを画像を用いて解説します。

「まずは30日間無料体験」をタップします。

メールアドレスとパスワードを入力して、「認証メールを送信する」をタップします。

登録したメールアドレスに認証メールが届くので、メール内のURLをタップします。

クレジットカード情報を入力します。

全て入力後「登録する」をタップして、DMM TVの会員登録手続きは終わりです。

DMM TVに登録後、マイページから現在の状況が確認できます。「無料体験中」と表示されている事が画像から確認できると思います。

初回無料お試し期間中に解約すると、料金は発生しません。実際にDMM TVを利用してみて、合わない場合は無料期間中に解約することができます。

解約しない場合は会員期間満了日に自動更新します。

まとめ

DMM TVの評価やデメリットについて解説しました。

DMM TVの評価としてはアニメを見放題で視聴したい方に最適なビデオオンデマンドです。そのためアニメに興味がない方には不向きといえます。

アニメは5400作品ほどあるため、dアニメストアよりも作品数が多いです。dアニメストアは5300作品ほどあります。

DMM TVはアニメ以外だとエンタメ系動画が多いですが、映画やドラマなどの動画は少ないです。17万作品も配信しているのにドラマや映画が少ないというのは寂しいです。

月額料金は安いのでコスパはいいですが、追加課金しないと見れない作品もあるので、この点には注意が必要です。

全て見放題のhuluやNetflixも検討してみたほうがいいでしょう。

-Uncategorized